So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

テレビや新聞のお墨付きなんてない [日常]

ケフィア事業振興会のオーナー商法が当初から自転車操業だったと報道されています。

約4万4千人から2200億円を集めたとのことなので平均500万円前後の被害が出ていると思われます。(あくまで平均ですので億単位の被害者もいるかもしれません。)

ケフィア社といえば「かぶちゃん農園」の干し柿が有名です。読売新聞を購読している方は頻繁に「かぶちゃん農園」のカラー写真の新聞広告を見たはずです。(他紙は知りません。)

大手新聞社が頻繁に広告を載せるぐらいですから、興味を持って干し柿を注文して、それからオーナー商法に巻き込まれた方も多いと思います。

もっとも今の新聞は週刊現代や週刊ポストの猥褻な表現をそのまま広告に載せているような媒体なので広告審査も年々、甘くなっているのかもしれません。

最近の新聞は購読者は高齢者ばかりで広告も「尿漏れパンツ」や「サプリメント」などの商品が目立ちます。尿漏れパンツは役立つと思いますが、サプリメントや化粧品は効果が本当にあるのかよくわかりません。

新聞広告が頻繁に出ている、テレビCMが流れたなどは一昔は箔付けになりましたが、何か変だと感じたらよく調べることです。「何で干し柿販売でこんなに儲かるのだろうか」のように。

最近は出版不況と言われており、出版社は作品の数を増やしてヒット作が生まれるのを狙っています。

よって昔に比べれば個人が本を出版するハードルも下がったと言われています。もっともその界隈のブログでの重鎮のような方が出版された書籍なら間違いないし、実際に販売も好調のようです。

しかし、一方で自分の提供するサービスの宣伝目的の出版が増えているのも事実です。本を出せば「先生」と呼ばれるわけですから。宣伝のために出版を利用するというのもセルフブランディングの一つの手であることは確かです。

ブログやSNS、YOUTUBEといった媒体が伸びるにつれて新聞、テレビCM、書籍出版の持つお墨付きを与える効果は薄れてきたと感じます。

それでも高齢者は今でもテレビや新聞がメインの情報源です。今後もオーナー商法は形を変えて高齢者をターゲットにしていくことでしょう。

インデックスファンドを全部、株式で運用しても毎年、二桁のパーセントの利益を定期的に出すのは無理です。

高金利の商品には当然、からくりやリスクがあるのでそれを理解できない商品には近づかないことです。

「なぜそんな有利な儲け話を赤の他人である私に教えてくれるのか?」
「なぜそんな有利な儲け話が多くの人が見る媒体に広告として出ているのか?」
「そんなに儲かるのなら、なぜ自分で借り入れしてまで自分で投資をしないのか?」

冷静に「なぜ?」と考えることで大事な資産を守りましょう。

nice!(0)  コメント(0) 

新型コロナウィルスと相場 [FP]

新型コロナウィルスの日本への侵入を防ぐ対応は既に突破されており、今後は日本各地で発症する患者が出てくると思われます。

もはやインフルエンザと同様に、日本いやどこの国に住んでいようが誰もが罹患する可能性がある段階に入っているのでしょう。

個人としてできることは手洗いうがいの徹底ぐらいでしょうか。マスクの効果は意見が分かれています。

米国でも今年はインフルエンザの死者が多いと報道されていましたが、その中に新型コロナウィルス感染の死者もいるのではないかと疑われています。

仮に米国でも日本のように感染源が不明な新型コロナウィルス患者が出てくると好調な米国相場にも影響を与えることでしょう。

今年の大統領選挙までトランプ大統領は何としてでも株価の維持、上昇を狙うと誰もが思っています。

しかし、このグルーバル化の中でこれからサプライチェーンに影響が出て、かつ、米国内で新型コロナウィルスが広がりだしたら大統領選挙に向けた上げ相場が続くとはとても思えません。(それでも何故か、ここ数日、米国市場は最高値を更新しています。)

個別株取引をしている方は利益が出ているのなら決済してキャッシュポジションにしてしばらく様子を見たのが良いのかもしれません。(あくまで自己判断でお願いします。)

ただ、投資信託の積立てをしている方は解約してキャッシュポジションにしては駄目です。積立て投資を始めて間もない方ほど下げ相場で投信の解約をしてしまいがちです。

仮に今後、下げ相場が続いても投資信託の積立て投資がなぜ支持されているのか、その理由を思い出してコツコツと買い続けることが将来につながります。

2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値が出ましたが、次の四半期も不味い値が出るのは確かです。

特に米国で顕著ですが、市場はまだ新型コロナウィルスの影響を織り込んでいないというのが個人的な感想です。

もっとも企業業績が落ち込んでも今のように各国の中央銀行が資金をジャブジャブにしている状況の中では株価の大幅な下落はないという見方もあります。

相場の今後は誰にもわかりません。ただ、個別株取引をしている方は、現状と将来、起こり得る可能性を考慮して論理的に投資判断をされることを祈ります。

nice!(0)  コメント(0) 

テレビは観ないが最新CMは観たい [日常]

最近は企業サイトでテレビCMを公開する企業が増えました。テレビ視聴で気になった視聴者を自社のサイトに呼ぶためにも良いことだと思います。

私はテレビを観るのはほぼ録画なのですが、企業のCMを観る機会が随分と減りました。

先程、偶然、ナイツ塙さんの出ているマクドナルドのCMを観たのですが、最新のCMって気になります。

起用されている俳優や音楽でどの層をターゲットにしたCMなのかなど勉強になるからです。

普段、テレビは観ないが最新CMはチェックしたいという方は多いのではないでしょうか。

最新CMを確認できるWEBサイトがあれば有料でも登録します。お金払ってCMを観るのは、おかしな話かもしれませんけど。

普段、テレビは観ない人向けに最新CMだけ紹介してくれるサイトがあれば嬉しいのですが既にあるのでしょうか?

CMや広告から得られる情報って何気に貴重です。今や木曜日の新聞なんて新聞記事より文春と新潮の新聞広告の方が面白いですからね。

テレビを観る人が減り、新聞、雑誌購読者も減る一方でYOUTUBEやSNSでの広告が増えてきていますが、やっぱりテレビCMが王道だと思います。

上記のように最新テレビCM情報とかテレビCMアーカイブとかあれば有料でも私は利用するつもりですが、そんなサービスは広告屋さんの立場上、無理なんでしょうかね。

逆転の発想でお金を払ってCMを観るってサービスがあっても良いと思うのですが。

nice!(0)  コメント(0) 

情報銀行のすべて【NTTデータ執筆編集】 [書評]

NTTデータの研究員達が「情報銀行」について解説した本です。

情報銀行の定義、現在進んでいるプロジェクトの内容、将来予測など勉強になりました。

私が「情報銀行」なる単語を初めて聞いたのは三菱UFJ信託銀行が情報銀行業務に参入するというニュースを聞いた時です。

日本でも国民の気が付かない間に着々と情報銀行の構築に向けて官民それぞれで色々と行動を既にしています。

官ではマイナンバーカードの普及に積極的になってきましたし、民間でもポイント還元を謳い文句にした決済方式を広めると同時に個人データの収集を行っています。

本書でシュミレーションされている情報銀行を活用した未来予測を読むとまるでSF映画の世界にも見えますが、恐らく私の生きている間にそういう社会は実現されることでしょう。

一つ懸念は、個人からいかに情報を得るということです。

今でもマイナンバーカードに反対の人はいますし、私など店舗で「Tカードお持ちですか?」と聞けれると持っていても「ないです」と答えています。面倒だからです。

買い物レシートを有料で買い取るというベンチャー企業が出てきました。これなら消費者、企業ともにメリットがありそうです。買取価格にもよると思いますが。

今やいたるとことでWEBサイト上でメールアドレルや個人情報を入力する機会が増えています。仮にそうした情報が漏れていて名寄せすれば、ほぼ個人の特定ができてしまうでしょう。

情報銀行が進展するためにもセキュリティは第一です。

今後、マイナンバーにしても民間の溜めた個人情報についても、悪意のある関係者が1人でもいれば情報は漏れてしまいます。

従って個人情報は漏れるということを前提にして、私達は情報銀行に参加・利用するかよく考えたのか良いと思います。


情報銀行のすべて

情報銀行のすべて

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2020/02/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

激化するマスク争奪戦 [日常]

今日も関東は暖かくまるで春の陽気でしたが、なぜが鼻水が止まりません。

気温の変化で風邪でも引いたのかなと思ったのですが、なんだか頭が重いです。

この症状で気がつきました。「ヤツ」が来た。そう花粉です。

天気予報サイトでは東京の一部で花粉の観測をしたと出ていますが、Twitterを見る限り日本各地で既に飛んでいる模様です。

今年は暖冬のため花粉の時期が早まったのでしょう。

花粉症と言えば必須アイテムはマスクです。しかし、今年はコロナウィルスのためマスクの在庫が十分にないようです。

マスクの製造元が急に増産できるのか知りませんが、コロナウィルスと花粉症でマスクの売上はどこも伸びそうです。

私の場合、花粉が飛び始めると頭が重くなり何もしたくなくなるのですが、徐々に体が花粉に慣れて行き通常に戻ります。従って毎年、特に花粉症で眼科や耳鼻科には通ってはいません。

通常は花粉症でもマスクをしていないのですが、今年はコロナウィルスもあり外出時にマスクをしようかと考えています。幸運にも買い置きしてあったマスクの在庫が多少あります。

コロナウィルスは目の粘膜からも感染するという噂もあり、マスクや手洗いうがいだけで感染が防げるのか不明ですが、今後、数日は東京で感染者が次々と出てこないか注意する必要があります。

消費増税後で消費が落ち込んでいるのにコロナウィルス懸念で一層、消費やレジャーは控えられるでしょう。

春節が終わると通常なら中国の工場は稼働しますが、今後はサプライチェーンに多少は影響が出てくるかもしれません。

SARSの時はWHOの宣言から4ヶ月で収束したそうなので東京五輪までには通常の生活に戻っていることを願います。

市場ではコロナウィルスを口実にした利益確定売りが続いていますが、数カ月後には世界的にまた株価が高値を目指していることを期待しています。

nice!(0)  コメント(0) 

親の介護の次はペットの介護が問題になるかも [日常]

癌で両親を亡くして5年以上が経ちましたが、次にやってきたのは飼い犬の介護でした。

老犬の介護と言ってもまだ餌も食べるし散歩もするのですが、明らかに弱々しくなってきました。

柴犬の平均寿命に達しているので今年の夏を乗り切れるか心配です。

子供が成人して独立した夫婦がペットで犬を飼うこともあると思います。ただ、飼い主が入院などになった場合、ペット(特に犬)の世話をどうするのかは大きな問題だと言えます。

また独居老人がペットを飼って孤独死してしまうケースもあります。残されたペットはどうなるかはここには書きませんが、皆さんの想像する結末をほとんどのケースで迎えることになります。

今後、高齢化が進む中でペットの介護問題が複雑化してくると思われます。

昨年の台風19号の際に住んでいる地域に避難指示が出たのですが、ペットは避難場所に入れてはいけないということで一部の愛犬家から不満の声も出ていたようです。

もっとも避難場所にペットがいると一層、混乱するのはわかるので私は行政の判断を支持しますが、ペットがいると災害時に自由も利かないことになります。

私の場合、現在、飼っている犬が死んだあとはペットは飼わない方針です。

地域によっては緊急時のペットホテルのような預かり場所もあるのかもしれませんが、飼い主がペットの世話を急にできなくなったらペットも共倒れするという現実をペットを飼っている方は再認識するべきだと最近、思います。

特にひとり暮らしで犬を飼っている方は自身の身に何かあった際に犬の世話をどうするのか事前にシュミレーションしておくことをお勧めします。

nice!(0)  コメント(0) 

情報化社会だからこそ「目」を大事に [日常]

今日、久しぶりに眼鏡を新調しました。税込みで8800円でした。その眼鏡会社のサイトで今までの眼鏡の購入歴や視力検査の履歴が見られるのですが、回を重ねるごとに視力が悪化しています。

今の社会、情報収集のために「目」を駆使します。耳から得られる情報も多いですが、やはり目の方が明らかに多くの情報を吸収できます。

実は自治体の健康診査でヘモグロビンエーワンシーの値が基準値を超えていたので去年は眼科で眼底検査を受けたのですが、今年も基準値超えだったにも関わらず今年は受けていません。

しばらく眼科に通っていないという方は一度、検査を受けてみることをお勧めします。

うちで飼っている柴犬がいるのですが、今年で14年目になります。人間の年齢だと75歳前後。

その犬の目が若干、白く濁って見えます。最近、犬が音に敏感になりよく鳴くようになりました。

犬も白内障になると聞きますが、どうやらよく見えていないようです。年齢を考えるとこの犬ともあと数年の付き合いになりそうです。

人間も歳を重ねるごとに緑内障、白内障、近視の悪化による網膜剥離、糖尿病による失明危機など目のトラブルが増えます。

目が見えて耳が聞こえて言葉を発言できる。普通のことに感じられますが、病気により苦労されている方がたくさんいます。

健康診断というと胃や大腸の内視鏡など「癌検診」に重点を置いている方が多いと思いますが、ある意味、仕事道具でもある「目」の管理も定期的にしっかり行うべきだと今日の眼鏡新調時に感じました。

ちなみに数年前、レーシック手術の第一人者が記者会見をしていて、そのお医者さんは眼鏡をかけていました。私は会見自体がギャグなのかと思いましたが、その様子を観てレーシック手術には興味を持っていません。

nice!(0)  コメント(0) 

Amazonが最安とは限らない [日常]

最近、気になる商品がある場合、グーグルではなくアマゾンでその商品を検索するようになりました。

私はプライム会員なので配達料無料で元を取ろうとアマゾンで買い物をすることが多かったのですが、最近、見方が変わりました。

理由は皆さんは御存知でしょうがアマゾンが最安値とは限らないからです。家から近いホームセンターに行けば同じ商品、類似商品がアマゾンより安く買えることに気がつきました。

店舗に行く時間とガソリン代を考えれば配送してもらったのがコスパは良いですが、リアル店舗はすぐに商品を手に入れられるというメリットがあり、そのメリットって大きいと思います。

高額な電化製品はともかく価格が数百円ぐらい違う買い物ならリアル店舗に足を運んですぐ手に入れる方を最近は選んでいます。プライム会員のため翌日配送サービスを受けられますが、対象外の商品も多いですし。第一、翌日まで待てません。

そうなるとプライムビデオもめったに見ないしアマゾンで商品を買うことも今後は減るだろうからプライム会員を続けるかどうか迷うところですが、今後、日本でも会員価格の値上げが海外並みになったら解約も考えようと思います。

東京23区の一部ではアマゾンの当日配達というサービスもあるようなのですが、自分でリアル店舗に行ったのが今住んでいる千葉の田舎ではすぐに商品が手に入るため便利です。

数百円を節約するために通販サイトを使うか、それとも数百円割高でもリアル店舗ですぐに商品を手に入れるか。人それぞれの価値観や欲しい商品に左右される問題だと言えます。


nice!(0)  コメント(0) 

久々に「私の履歴書」を読む [日常]

令和2年の日経新聞「私の履歴書」は大和証券出身の日本証券業協会会長の鈴木氏の連載で始まりました。

私が新卒でインターネット専業証券に入社した際には、その会社に「ノルマ」というものが存在しませんでした。

従って対面営業の証券会社や、ましてやネット取引が普及する以前の証券業界については先輩に聞いた程度しかわかりません。

私が大学を卒業して証券会社に入社すると言った際には父親は反対はしなかったものの、田舎では公務員か銀行員になるのが王道のような空気でした。その点、父には感謝しています。

偶然ですが、日本証券業協会会長の鈴木氏、ネット証券業界トップのSBIグループ代表の北尾氏、4月から野村ホールディングス社長になる奥田氏とも慶應義塾大学経済学部卒となります。

私が就職活動をしていた20年前でさえ証券業界は偏見を持たれていたのに、その遥か前に証券業界に飛び込んだ方々は強い意志を持っていたのだろうと思います。

日本では地場証券を含め多くの証券会社が存在しますが、ご子息を慶應に入れて、その後、野村證券で数年間、修行させて最終的に家業の証券会社を継がせている会社が複数、存在します。

近年ではブロックチェーンが流行りでその一環として暗号資産の取引が活発になった時期もありますが、現在の暗号資産って昔の証券業界のような偏見を持たれていると思います。

ただ暗号資産取引業者の創業メンバーの出身校を見ると東大、一橋、東工大などが並びます。

世間が暗号資産に対して持つ怪しいイメージ(無知による誤解だと思いますが。)とは別に難関国立大学の卒業生は本質を捉えているようです。

東大のある本郷周辺では本郷バレーといわれ東大発のベンチャー企業が続出しているようですが、今後、5年、10年後を見据えるとどの業界が伸びるのかは不透明です。

どの会社ではなく、どのような経験が積めるかで仕事を選ぶべきだと思いますが、先日、発表されていた学生人気企業ランキングは例年とほぼ変わりがなく今の学生も多くは保守的だなと感じました。

理由はあります。小さい頃から塾に通い教育にお金をかけてくれた親御さんの期待するような会社に入ることが親孝行だという考えがあるのでしょう。

ただ人生は親御さんのためにあるのではなく自分のためにあるはずです。若い頃は世間体を気にしやすいと思いますが学生さんには守りに入らないで攻めて欲しいです。

nice!(0)  コメント(0) 

働き方改革と日本の休日の多さ [日常]

日本では有給休暇を完全に消化するのは難しいと言われています。本人が取りたくでも職場の雰囲気・空気などにより取れない人も多いのでしょう。

一方で日本は休日(祝祭日)が多すぎな気がします。今は土日祝ときちんと休める人は大手企業の一部の人だけだと思います。多くの人が土日祝に関係なしで仕事をしている時代です。

それでも土日祝と休めている方は結構、おられるはずです。

日本独特と言えば新聞朝刊休刊日というものもあります。しかも約、月に1回のペースで。

海外でも休刊日はあるものの、日本のように全新聞社がそろって休刊日にすることは珍しいはずです。

働き方改革の一環として残業が短くなり定時で帰れる会社員も増えているようです。残業代目的に遅くまで仕事をしていた方は家計の見直しが必要になります。

今後もIT化がオフィスで進み、増々、組織の合理化が進むと推測できます。

有給休暇をしっかり消化して男性社員も育児休暇が取れる社会が日本でも近づいてきているのでしょうか。

それはそれで良いとして、祝祭日が多いから代わりに平日に仕事のしわ寄せが来ているとしたら本末転倒です。

とにかく休みが多い日本。休日だらけの日本市場が外国人投資家にとって都合の良い市場と言われれば違うと思います。今月も2日から市場が開いていた米国はさすが世界最大の市場だとその存在感を示しました。

まとまりのない文章になってしまいましたが、日本の休日は多すぎるのと新聞休刊日はおかしいという個人的な疑問の記事でした。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -