So-net無料ブログ作成

ゆうちょ銀行で案の定、投信不正販売 [FP]

かんぽ生命が問題になった際にこのブログでゆうちょ銀行の投資信託も何か問題を抱えているのではないかと書きましたが、案の定、問題発覚です。

今回は高齢者との契約で必要な手順を取っていなかったことが問題にあたると指摘されていますが、いわゆる回転売買については私の知る限りどこも記事にしていません。

ゆうちょ銀行と委託先の郵便局で投資信託のノルマがあったのなら無知な高齢者を対象にした回転売買を行っていた可能性は高いと思います。

かんぽ問題を暴いた朝日新聞あたりに是非とも投資信託の回転売買が頻繁に行われていなかったのか調査・報道して頂きたいです。

多くの高齢者が日本郵政(ゆうちょ銀行、かんぽ生命、郵便局)のサービスを利用しています。

バブル時の高金利の定期貯金時代を未だに覚えていて「郵便局なら安心だ」と思っている高齢者がいかに多いことか。

同様の信用を盾に顧客を裏切ったケースは、規制緩和で投資信託や保険の販売を窓口で始めた銀行で既に出ています。

親子でお金の話はタブーというケースは結構、多いです。

しかし、あなたの親御さんが日本郵政の金融サービスを利用している確率は高いと言えます。

親子で金融情報を共有しているケースは少ないでしょうが、親御さんが、ゆうちょ銀行やかんぽ生命で投資信託や保険に加入していないか上手く聞き出してみるのも悪くないと思います。

親の資産に口出しするつもりもないとか、一方で子供に資産を聞かれると不愉快になる親御さんの存在など色々と事情があると思います。

ただ確実なことは親子間のタブーを取り払わないと将来の相続資産が確実に減るだろうということです。

親が稼いだお金だから相続時に減っていても構わないと割り切れる方以外は、親御さんとの情報共有をお勧めします。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。