So-net無料ブログ作成

レジ袋有料化の副作用 [日常]

福島の処理水について就任早くもバツがついてしまった小泉進次郎環境大臣ですが、先日のNHKの討論番組での発言によると早期のレジ袋有料化を目指すようです。

私の利用するスーパーなど店舗ではレジ袋無料と既に1枚、2円もしくは5円を徴収しているところと対応が分かれています。いずれどの店舗でも有料化されるのでしょう。

そうなると買い物バッグが必要になります。正直、いつも買い物バッグを持ち歩いている方は主婦の方などであり仕事帰りの男性は買い物バッグなど持ち歩くことはないと思います。

私が予想するのは万引の増加です。

買い物バッグが普及するとそれを隠れ蓑にした万引が増える気がします。その結果、スーパーは警備員や万引Gメンの増加を検討することでしょう。

結局はその万引対策のコストはスーパーが被ることになり、もしかしたら消費者の購入価格に転嫁されてしまうかもしれません。

明日は不燃ごみの日なので先程、ゴミの分別をしてゴミ袋にスーパーのレジ袋も入れたのですが、毎週、結構な量になります。

利用者にとっては買い物バッグは不便かもしれないし、スーパー側にとっても良いことだらけではないレジ袋有料化だと思います。

ただ、毎週、捨てているレジ袋の量を見ると環境のために協力せざるを得ないのかもしれないと感じたひと時でした。

話し飛びますが、海外高級ブランドの買い物バッグってあるんでしょうかね?作ればある程度売れると思うのですが。

買い物バッグも今は種類が少ないので今後の容量、色、デザインなどの進歩に期待します。

nice!(1)  コメント(0)