So-net無料ブログ作成

台風の自治体情報インフラについて [日常]

関東を襲った台風19号は私の住んでいる街の上空を22時前に通過して行きました。東京アメッシュのサイトが生きており随時、台風の中心の動きを把握できました。

一方で自治体のサイトではアクセスが集中して情報を得られなかった方も多かったのではないでしょうか。

自治体のサイトがアクセス集中でダウンして結局は「Twitterで流す情報を確認してください。」と自治体が言い出す始末。

もっとも各自治体にAmazonやMicrosoftなどの提供するクラウドサービスに対応できる人材がいる訳もありません。

今回の台風19号で関東地区の自治体のサイト運営担当者は良い勉強になったと思います。台風の強風、豪雨の音の中で防災無線を流しても聞こえるわけありません。

結局は役所のサイトを確認せざるを得ません。幸い私の住んでいる自治体はホームページのトップページを災害対応に絞ってできるだけ軽くしていましたので他の自治体に比べると恵まれていたと思います。

ただ、防災無線後に集中するアクセス集中にどう対応するのか今後の課題だと思います。

近くを流れる一級河川が氾濫の恐れがあるとのことで避難指示がでました。その河川の水位はサイトで10分おきに更新されていてチェックしていたのですが、まさにギリギリのラインで氾濫を免れました。(利根川です。)

千葉県の野田から銚子へ流れる今の利根川の経路は徳川幕府が作った人工河川です。改めて先人の知恵と行動力に感謝するとともに久しぶりに日光東照宮にお礼参りに行こうかと思いました。

八ッ場ダム含めた群馬県周辺のダム群、埼玉県春日部市の通称地下神殿はじめ多くの施設がフル稼働して今回は乗り切れたと言われています。

ただ残念なのはこのクラスの台風は今後、毎年やってくるのは間違いないだろうということです。

もう今年は日本上陸の台風はないと思いますが、来年に向けて各自治体ともサイト運用で出た課題について対策を練って実行して欲しいと思います。

今回のアクセスでも落ちなかったYahooJAPANやTwitterは頼りになるなと改めて感じました。

今回、被災された方や残念にも命を落とされた方にはお悔やみ申し上げます。

nice!(0)  コメント(0) 

中小零細企業・個人事業主の廃業増へ [日常]

ついに消費増税まで1週間を切りました。軽減税率を実現したと誇っていた某政党は逆に国民を混乱させていることに気がついているのでしょうか?

さて今後は中小零細企業・個人事業主にとって痛い制度が続きます。

10%への消費増税、軽減税率対応、将来的なインボイス制度導入、最低賃金引き上げ、厚生年金加入者対象拡大、人手不足、後継者不足などが続きます。

10月の消費増税を区切りに廃業する事業者もいるようです。まだ廃業なら取引先に金銭的な迷惑は基本的にかけませんから体力のある事業者は廃業を選んでいるようです。

統計では倒産件数が減少傾向にあると発表されていますが、倒産ではなく廃業を選んでいるので結局は事業者数は大幅に減っています。

昨年、東京の老舗定食店が次々と店を畳みました。ネットニュースになった店もあったくらいです。理由は上記の理由が複数、関係しているようでした。

夕方のニュース番組などで、よく「家族で営む定食屋特集」が放送されていてよく観るのですが、今後はそういう家族経営のお店は残念ながら無くなっていくことでしょう。

最低賃金引き上げを主張する方は規模の小さい事業者をなくせば日本の生産性は高まると言います。

今世紀に入り自営業者が減って、その分、非正規労働者が増えたと言われています。

その傾向は今後、一層、高まると言えます。

一方で米国のように日本でもフリーランスが増えているとの見方もありますが、日本のフリーランスは立場が低く発注元から買い叩かれています。またある程度の専門知識、専門技術も必要です。

今後、数年間で廃業する事業者が増加すると予測されますが、これも世の中の流れだと言い切っていいのか、ふと考えてしまいます。



nice!(1)  コメント(0) 

レジ袋有料化の副作用 [日常]

福島の処理水について就任早くもバツがついてしまった小泉進次郎環境大臣ですが、先日のNHKの討論番組での発言によると早期のレジ袋有料化を目指すようです。

私の利用するスーパーなど店舗ではレジ袋無料と既に1枚、2円もしくは5円を徴収しているところと対応が分かれています。いずれどの店舗でも有料化されるのでしょう。

そうなると買い物バッグが必要になります。正直、いつも買い物バッグを持ち歩いている方は主婦の方などであり仕事帰りの男性は買い物バッグなど持ち歩くことはないと思います。

私が予想するのは万引の増加です。

買い物バッグが普及するとそれを隠れ蓑にした万引が増える気がします。その結果、スーパーは警備員や万引Gメンの増加を検討することでしょう。

結局はその万引対策のコストはスーパーが被ることになり、もしかしたら消費者の購入価格に転嫁されてしまうかもしれません。

明日は不燃ごみの日なので先程、ゴミの分別をしてゴミ袋にスーパーのレジ袋も入れたのですが、毎週、結構な量になります。

利用者にとっては買い物バッグは不便かもしれないし、スーパー側にとっても良いことだらけではないレジ袋有料化だと思います。

ただ、毎週、捨てているレジ袋の量を見ると環境のために協力せざるを得ないのかもしれないと感じたひと時でした。

話し飛びますが、海外高級ブランドの買い物バッグってあるんでしょうかね?作ればある程度売れると思うのですが。

買い物バッグも今は種類が少ないので今後の容量、色、デザインなどの進歩に期待します。

nice!(1)  コメント(0) 

ITによる合理化で生まれるブラックボックス [日常]

RPA(Robotic Process Automation)やAIが注目を集めています。

こうしたツールの導入は結局は人事に行き着き、業務フローを見直したらその業務自体が余り重要ではなかったという結果も出たりして、流行りのRPAで人員リストラが進んでいるようです。

昔、勤務していた頃、EXCELのVBAが組み込まれたファイルがありました。しかし、その時は会社は変革期で人の出入りが激しく、そのファイルを作った人でないと中身の仕組みがよくわかりませんでした。

同様のことはRPAやAI対応が進んだ頃に起きると思います。結局、ベテランや担当者が退職した結果、誰も自動化されたプロセスを覚えておらず、イレギュラーな対応などが出てきた時に立ち往生してしまうというケースが増えると思います。

会社によりますが、人の出入りが激しいと「引き継ぎ」も満足に行われないこともあります。引き継ぎの手順を文字に残しても実際に経験してみないと身に付きません。

RPAやAI対応は流行りですが、あくまでもツールであり使い方を間違うと後々、面倒なことになると最近、思います。

結局、導入時に引き継ぎや業務プロセスの記録などがしっかりできるかどうかなどIT導入担当部署だけでなく人事も大きく導入に関わるべきだと思います。

団塊世代が次々と現場から去っていますが、イレギュラーな対応が必要とされる業務については、きちんと前もって把握しておくべきです。

まだ社内の問題で済めば良いものの、ブラックボックスのせいで顧客にまで迷惑をかけてしまう障害が起きたら目も当てられません。

nice!(0)  コメント(0) 

公務員、マイナンバーカード義務化へ [日常]

2019年度末までに国家公務員。地方公務員の本人・扶養家族はマイナンバーカードの取得が義務化されるようです。

今回は公務員のみの義務化ですが、本来なら全国民に取得させるべきではないでしょうか。

マイナンバーカードとは少し話題が変わりますが、銀行や証券のマイナンバー番号提出期限は次々と延期されており現状では資産課税など無理な話です。そもそも不動産など実物資産の資産課税ってどうやるのでしょうか。固定資産税の増額でしょうか。

現役世代に負担が偏った現状を変えるには、全国民にマイナンバーカードを取得させ金融機関の口座と紐付けしないと話が進みません。

中国なら国民に義務化もスムースにできるでしょうが、日本だと反対派が多くて結局、マイナンバーカードの本来想定していた活用など難しいでしょう。

前回の選挙では歳入庁設立を公約に挙げた政党もあったと思いますが、次の選挙では是非、マイナンバーカードの義務化と資産課税の導入を公約にする政党の出現を願います。

nice!(0)  コメント(0) 

社会保障制度改革のための新会議設立へ [日常]

社会保障制度改革を議論するための新会議を政府が設ける検討をしているそうです。

多くの方が「会議を増やして議論だけしても意味ないよ」と冷めた見方をしていると思います。

参議院選挙も終わり5年に1度の年金の財政検証を公表することもあり、メディアはまた年金不安を煽ることでしょう。

年金破綻論を主張する過激な方もいますが、現実は年金制度は破綻はしませんが、将来の支給額は大幅に下がります。

そのような世の中の空気の中で年金支給開始年齢の引上げや高齢者の医療費負担の増加など議論しただけで反発が起きるのが目に見えています。

そのような状況でもきちんと国民に説明をして、例え支持率が大幅に下落しようが、将来のために社会保障の議論を加速させ、かつ、「実行」することが必要です。

しかし、現実は先延ばしにして東京五輪の開催で目眩ましさせて問題を一層、複雑にするだけで終わる気がします。

新会議で何を議論され、かつ、「実行」されるのか注視したいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

軽減税率とキャッシュバック対応は間に合うのか [日常]

あと2ヶ月ちょっとで消費税が10%に引き上げられる一方で軽減税率の導入、キャッシュレス決済に対するキャシュバックが始まります。

過去の消費税アップの際にはシステム的な問題はほとんどなかったと記憶しています。しかし、今回は軽減税率プラス、キャッシュバックと仕組みが複雑になっており正直、混乱が起きないか不安に思っています。

恐らく10月以降年内いっぱいは混乱が起きるでしょうが、いずれ消費者も仕組みに慣れて落ち着くでしょう。

ただキャッシュバックについては現金払いが中心の高齢者などには不公平な制度であり、高齢者などから不満の声が出るかもしれません。

またレジでいちいちスマホを出してQRコードを表示していたらレジも混むでしょう。レジの効率化を目的とした新決済が逆に非効率を招くのでは本末転倒です。

「なんとかペイ」などという規格が次々と誕生しています。私は面倒なので使用していません。

そもそも日本のキャッシュレス決済は交通系のカードが最強だと思っています。具体的にはJRのSuicaや私鉄のPasmo(関東地区)が使える店舗が拡大すればそれで済むのではないかと感じています。

次々と新しい仕組みができているキャッシュレス決済ですが、結局、中国のような偽札大国とは違い、現金に信用が高い日本では現金払いは今後も根強いだろうと思います。

特に高齢者はスマートフォンを保有していない方も多いです。そうした方向けにもやっぱり交通系カードの一層の普及を個人的には期待しています。

nice!(0)  コメント(0) 

本当に人生100年社会なのかな [日常]

人生100年社会というワードが最近になって流行っています。

0歳時における平均寿命は医療の発達とともに年々、伸びています。

一方でまだ60代、70代前半、または、もっと若くして亡くなる方も増えているような気がします。

団塊世代やその前後の世代はボリュームがあるのだから亡くなる人が目につくのは当然かもしれませんが、団塊世代で100歳まで生きる方は思ったよりも少ないのではないかと感じています。

タバコを吸っているのに90歳超えているご老人もいれば、酒タバコをやらないのに若くして癌で亡くなる方もいます。

こればっかりは神様が決めたことで健康に気をつけることはできても、必ずしも長生きできる保証はありません。

先月は私も久しぶりに病気になり病院のお世話になりましたが、必ずしも明日があると思わないで日々大切にしたいと改めて感じました。

私も40代ですから、人生、上手く言っても半分、終わったことになります。体感では3分の2が終わった感じもします。

お世話になった方の訃報を聞くたびに社会人になってからの時の進むスピードの速さに驚きます。

nice!(0)  コメント(0) 

旅行会社の予測がどうもしっくり来ない [日常]

大手旅行会社が夏休みの予約状況や旅行の予測を公表しています。

今年の夏の海外旅行数は過去最高になるとのこと。JALやANAがハワイ路線のCM合戦をしていますから何となくわかります。

一方で夏休みに旅行に出かける人は前年比0・1%減の7734万人と予測を立てているようです。この数字を見て何か変だなと感じました。

日本の人口を約1億2千6百万人として、そのうちの6割以上の7734万人が本当に旅行に行くのでしょうか。

東京近郊にお住まいの方が埼玉越谷のイオンレイクタウンに行くのも「旅行」に含めればありえる数字だと思います。

そもそも夏休みなどない業種の人、金銭的に余裕がなく自宅でゆっくりしようとしている方、何よりも通院や介護が必要で移動が難しい方やその家族などの数を考慮すると7700万人が本当に旅行に行くのか私は疑問に思います。

「7700万人もの人が旅行に行くのだから、あなたもどうですか?」という営業に私は見えてしまいます。

「人生100年時代で老後に2000万不足するから金融商品を買いませんか」という銀行、証券、保険と似たような感覚を私は受けます。

要は夏休みに旅行予定のない私の言いがかりであり、今年のGW10連休の際の旅行会社の発表の際にも同様のことを考えました。その数字盛ってないかと。

大手旅行会社が出したデータですから、それなりの根拠があるのでしょうか、なんだか金融機関の営業と同じ臭いを少し感じます。




nice!(0)  コメント(0) 

最低賃金引上げのマニュフェストが流行り [日常]

参議院選挙を前に各党が公約を発表しています。与野党、立場によって公約は異なりますが、共通点もあります。最低賃金の引上げです。

1000円、1300円、1500円など党によって違いますが、デービット・アトキンソン氏の主張が効果を生んだのでしょうか。

一方、一足先に最低賃金の引上げを行ったお隣韓国は人件費抑制のため解雇が頻発して失業率アップです。アトキンソン氏は韓国のような急激な賃上げでなく日本では徐々に進めるべきだと主張されています。

自民党だけでなく公明党、共産党なども中小零細企業の経営者の支持者が結構いるはずです。

最低賃金引上げはそうした支持層に対してはマイナスに働くでしょう。

結局は最低賃金引上げが行われたあかつきには、引上げ分を税金で補填するというような馬鹿げた政策を取るのだろうと思います。

最低賃金引上げを行うということは生産性の低い中小零細企業・個人商店を一気に廃業に追い込みます。

その痛みに対する将来の策も、ろくに考えずに各党が最低賃金引上げを謳っているのはいかがなものかと思います。

もっとも働く側にとっては最低賃金引上げは良策だと言えます。ただ、韓国の二の舞にならないようにうまい具合に法案を作って欲しいです。


日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義

日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)